FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.11: ローリング立石様

2010年02月28日 22:15

街の血管はただロールし続ける。

霞ヶ関駅の血管この半生において、自分で自分に苦痛を与えることなどなかった小生は、恐縮ながら端的にいえば快楽主義者である。

過去の栄光ではあるが、確かに高校時代には剣岳や槍ヶ岳をはじめ、北アルプスを10日間かけて縦走した経験がある。しかしそれは単に当時「高いところが好きだった」という動機だけであり、「333mの東京タワーより10倍近い快楽を夏休み通して味わい続けられる」というワンゲル部員の口車に乗せられたからである。また、確かに小学時代に中距離走を続け、そこそこのタイムを出した時期がある。しかしそれは単に「速く走れればモテる」という快楽が保証されていたからである。

高校・大学、そして社会人へとコンクリートジャングルに歩を進めていくにつれて「速く走れればモテる」保証は神話と化し、ただ純粋に快楽を求め続けた結果、最終的に裏切らぬ親友関係を築いたものが酒とタバコであった。しかし、快楽の盟友として行き着いたはずの酒とタバコが、逆に三十路となった今では体に苦痛をもたらすものへと変容し、「快楽」と「苦痛」の関係が逆転してしまったのである。

浅草橋駅の血管その三十路の小生は、子どもの頃より親の影響でロックンロールに傾倒しており、「ロック=快楽の象徴」を体現するストーンズやデビッド・ボウイといった好き放題の”ワルい”生き方に憧れてきた。しかし、もう還暦周辺のミック・ジャガーやスティーブン・タイラーは、昔からの”ワルい”ルックスを今も保つために、禁煙とトレーニングというかつての「苦痛」を「快楽」へと逆転させ、ストイックな節制に勤しんでいるそうだ。「ロックなのに健康など裏切られた」と捉えてしまう自分の心の狭さに反省したものだ。

考えてみれば小生が社会人になって体を動かし、健康な汗を流すのは逆にロックフェスの時くらいのもの。それを思い出して下町散策で試してみたのだ。イヤフォンから爆音でロックを流しながらテンポに合わせて体を動かす。根津の三浦坂を上る時はゆったりとオアシスでも、逆に善光寺坂を下る時は追われるようにツェッペリンでも、へび道はグルーヴィーにマディ・ウォーターズでも。すると途端に谷中墓地の緑が苗場の森へと、そして不忍池へと抜ける景色がグリーンステージへとシンクロしたのだ。

八丁堀駅の血管ロックで健康になることは決してロック魂への背徳ではない。むしろ健康でなければロックし続けることはできない。忌野清志郎の分まで長生きしたい。

しかし自分だけの健康と快楽のためにイヤフォンで耳をふさいで下町を歩くのは、下町に対する冒涜ではなかろうか。この下町が荒川氾濫で水没すれば、住民の声に耳を閉ざした小生は、ノアの箱舟に乗り込んでひとり世田谷の高台に逃げ込む気ではなかろうか。

「転がる石に苔はなし」のRollong Stonesのロック(石)を聞きながら、転がることを忘れた立石様を拝みに行くことで、その回答を得ようとするのであった。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawanov.blog104.fc2.com/tb.php/12-4a454c80
この記事へのトラックバック


最新の下町徘徊録


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。