FC2ブログ

Vol.9: 亀アリ金ナシ飴リカ

2010年01月25日 00:15

Image793.jpg見返りは素材と自分との距離を遠ざける。
得た価値は自分の足で見つけるものではないか。


現在日暮里でひとり暮らしの小生。転々と住む場所を移しながらもリクガメとともに6年近く生活している。アフリカのチャドという国のサバンナから来たケヅメリクガメという種類だ。カメといっても体重はすでに25kgを上回り、中型犬用のケージがすでに狭いくらいである。最初にペットショップで購入した時には手のひらサイズであったが、いやはや、チンゲン菜や小松菜といった草食性でここまで大きくなるとは。今回は下町徘徊録はカメとともにお休みし、カメともに部屋を徘徊しようと思う。

しかし6年間連れ添っても、このリクガメが飼い主のことを認識しているかは謎である。小生の顔よりも小生の手のほうが好きなようで、手を見せればすぐに近寄ってくる。どうやら餌をくれる人格として手を認識しているようだ。餌に関しては、小松菜は大好物でホウレン草にはいっさい口をつけないほどのグルメだというのに。

070819_122607.jpgそんなグルメかつ大食漢のこのリクガメだが、体温の上がる夏場においてはキャベツを2玉も食い干すこともあり、野菜価格高騰の時期には即席麺で3食を凌いでいた学生時代の小生の1日分の食費を上回るほどである。

ひと通り食したあとには、人間のようにぷすうと屁をこき、野菜の芯を枕にして見事にあくびをして眠る。目をつむったあとに聞こえる寝息もかわいいものだ。飼いはじめたときは、きゅっと甲羅に身を収めて寝ていたものだが、今では環境に慣れ、頭と肢体を伸びきっての就寝である。

そんなリクガメに対する愛情は純然たる小生からの一方通行。見返りなど求めたことはない。ただお前がいて小生がいる。リクガメよ、腹が減ったか。リクガメのケージの上で生ゴミとなるリンゴの皮をむき、皮をリクガメが食べ、リンゴを小生が食う。

ペットをはじめ、購買物、観光地などなど。お金を払った分の見返りを求めるこの世の中。見返り分を必死に奪い返すために事前情報を得ようとパンフレットやガイドブックを行動前に読みあさる。しかし、例えば、行き先の土地に対して事前に理想のルートを決めてその通りに現地を行動しては、現地のありのままの生活を体験することはできない。見返りは素材と自分との距離を遠ざける。見返りを求めるよりも、そこに素直に足を踏み入れてみて、得る価値は自分自身で見つけるものではないか。

05.jpgさてと、落合、浦和、日暮里と住む場所を共にしてきたリクガメよ。次に住むマチでも歩いて見つけようか。

引越前になれば冷蔵庫を空にしなければならないな。できるだけ中に入っているものを全て体内へ移動させなければならない。まずはやむなくビール2リットルを完飲。小松菜とモロヘイヤの束はリクガメ小屋へ。皿も全て処分してしまったので、キャベツをちぎって頬張り、そのままドレッシングを完飲か。やはり頬袋精神の小生は生ゴミでもなく、冷蔵庫以上の粗大ゴミだな。

まれに口の中で上手く発酵するものもあるかもしれないと信じて、さあ、リクガメ君、亀有か亀戸か。永い人生を生かして次のマチを探そうか。おいおいカメよ。その短い足でいったいどこまで歩くのだ。
関連記事
スポンサーサイト




トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawanov.blog104.fc2.com/tb.php/10-ceaf8ec4
この記事へのトラックバック


最新の下町徘徊録