FC2ブログ

Vol.13: 京急

2010年04月01日 22:23

130円で乗れるアトラクションに、下町モノづくりの男気を買う。

01.jpg関西には、例えば阪急・阪神のように大阪(梅田)・三宮の間をJRと始点・終点を同じくして併走するガチな競合私鉄が多いが、関東には新宿・八王子(高尾)の間をJRと併走する京王くらいしか思い浮かばない。いや、いた。これ以上なくJRとがぶり四つの勝負を挑む京急が。

始点の品川をJRと共にし、横浜駅をめがけてガチで併走する京急。JRと京急の併走間は常に1kmないほどだ。品川・横浜の始点・終点は揃えども、JRの蒲田駅に対しては「京急蒲田駅」、JRの川崎駅に対しては「京急川崎駅」と、ゴール前の地点においては敵に駅を合わせようとはせず、独自の陣地を張り続ける。

しかし京急だけでJRを相手にするのは並大抵のことではない。JRには近隣住民むけに各駅停車に徹する京浜東北線と、遠方住民向けに駆け抜ける東海道線という使い分けのゆとりがある。それを京急は2本しかない線路で相手にするのだ。しかも京急はもともと路面電車がベースの曲線区間が長いため、高速運転は容易なことではない。

だが京急はその土地のハンデを技術でカバーし、あくまで速達性を前面に売り込む。なんと、そもそもが高速運転向けに地下で直線設計されたつくばエクスプレスに接近する最高120km/hで、快特は大田区や川崎の密集住宅街の曲線を練り抜けるのだ。

04.jpg車両面では、「ドレミファ」音で有名なシーメンス社製モーターをいち早く導入するなど加速性能をまず武装し、曲線は細かな加減速の繰り返しで補う。当然に揺れてしまう車体は改造と新型の投入でさらに補う。さらに土地面積のハンデを、通過用駅や車両をフル活用したダイヤで補う。各停といえども時として100km/hを越す速度を出してなんとか通過用駅に滑り込み、すぐ後ろを追う快特に速やかにバトンを渡して速やかに自らも出発する。「京急ウィング号」にいたっては、あの横浜駅すらも通過するほど遠方からの通勤客に特化させてしまうダイヤ設計の潔さの妙である。この限られた資源の中で創意工夫する京急は、お膝元の大田区、いや日本のモノづくり精神を体現しているかのようだ。

通過駅のプラットフォームを容赦なく120km/hで駆け抜ける快特。マサカリの如く猛速で閉まる旧式の片扉。京急蒲田駅のように上下線が流動的に入り乱れる1番線と2番線のホーム。遅延の際には各停が快特に切り替わるような強引なダイヤ修正。

一見ユーザーに媚び諂わないぶっきら棒なその姿勢だが、実のそれは何としてでもユーザーの輸送を守るための裏返しである。現に京急には細かい遅延はあれども運転見合わせは滅多にない。愛情表現の苦手な京急は行動で示す。なんて不器用な江戸っ子のようなのだろうか。

03.jpgまた駅名の粋なセンスでも関西の阪急と並び、関東私鉄では京急が突出している。例えば東急田園都市線では「宮崎台」「あざみ野」「藤が丘」「青葉台」「つくし野」「すずかけ台」「つきみ野」のように、とりあえず「ひらがな」+「台」「野」「丘」を添えることで東京近郊での風景の良さをインスタントに訴求したり、東急東横線では「学芸大学」「都立大学」とアカデミックな駅名を路線ブランディングの一環で押し付けようとする。しかしそれで「碑文谷」や「柿の木坂」という、昔からその土地に似合う表現がなされた地名を犠牲にしてしまうわけだ。一方の京急は「鮫州」「立会川」「梅屋敷」「雑色」「六郷土手」「八丁畷」「生麦」「屏風浦」など、別段、快特が止まるわけでもない小さな一駅一駅にまで地名由来からのユニークな名前がつけられている。駅名の歴史は知らずともついつい降りたくなるほどの個性だ。まるで、「俺の方がよっぽど東海道線よりも東海道らしいのさ」と、JRに真っ向勝負を挑むかのようである。東京と横浜という二大オシャレスポットをつなぐベイエリア路線でありながら、京急はオシャレだとは思われようとしないし背伸びもしない。男は自分なりの裏地で気取るものさ。それを駅名が物語る。


02.jpg先日横浜に行く用があり、新宿からJRへと乗り込む。湘南新宿ラインは横浜までの停車駅が少なく、快適に100km/h以上のスピードで走り抜ける。新設された武蔵小杉を過ぎ、また加速を始めたところ、おそらく子安あたりで住宅の茂みの隙間から突如として猛スピードの赤い影が現れた。京急の快特である。あの入り組んだ茂みの中でありながら、なんとこの湘南新宿ラインと併走するスピードではないか。JRが織田徳川連合の鉄砲隊だとすれば、各停から快特まで自分の持ち場を猛スピードで行軍する京急は「人は城、人は石垣、人は堀」、まるで赤い甲冑を着た武田騎馬隊。いや、JRが黒船だとすれば、京急はラストサムライといってもいい。

「タスキをつなぐ浅草線に京成線。お前らももう少し頑張れよ。この下町のタスキで成田と羽田の日本の空がつながれているんだぜ」。不器用だと言われてもいい。今日も赤甲冑の騎馬群はまるで紅の豚のように飛び立っていくのであった。


※写真提供:@_grumit 情報協力:@_spitf
スポンサーサイト





最新の下町徘徊録